「ゲームが面白い」と感じるポイントって?

今では色々な場所で気軽に楽しめるようになったゲーム。

ゲームにとって、「楽しい」という感情を引き出すことはとても大切。

ではこの、「楽しい」とはいったい何なのか?

今回はその「楽しさ」について、深掘りしてきたいと思います。

どんなことでもできるから

ゲームの面白さを生み出す上で重要なのが「なんでも挑戦できる」ということ。

例えばカーレースでは、スピードを出して走ると、急に曲がり切れなかったり、どこかに落ちたりしまうという危険があります。

しかしその危険を分かりながらも、1位になれるという嬉しさが待っているのです。

このように、危険があっても楽しさ・嬉しさなどの、快感こそがゲームの楽しさの正体なのです。

非現実な世界があるから

ゲームでは、現実ではできないことも実現できてしまいます。

ふわふわと浮かんだり、ダッシュで走ったり、街を破壊したり…

宇宙空間や、異世界を体験することもできます。

「現実ではできないことができる。」

これもゲームの面白さであるのは間違いないと思います。

ゲームの物語に浸れる

映画やアニメなどは、結末が決まっていてそれを見ている。

ですが、ゲームは自分の意思で進めていき、キャラクターの運命を変えることができます。

物語をただ見ているのではなく、実際にその物語に入って、

ストーリをつくることができるのも、面白さの1つなのかもしれません。

 

いかがでしたか?

今回はゲームの楽しさについて、まとめてみました。

あなた自身がゲームをしていて、「楽しい」と感じるポイントを見つけて、ぜひ楽しんでみてくださいね。